出産時、骨盤は変化するんです!

2017年4月24日

分娩時には、骨盤の仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節が前に倒れて仙骨が後傾し、恥骨結合が最大限に広がります、尾骨も後ろにグッと倒れて赤ちゃんが通りやすいように恥骨からお尻にかけての筋肉・骨盤底筋群も緩むため産前産後は尿漏れに悩む方が多いのです。この状態を放置することで、体型、体質が変わったり、肩こりや頭痛、腰痛に悩まされたり、様々な症状が出てくる可能性があります。骨盤が動きやすい出産後は、骨格を基礎から立て直すチャンス!1日でも早く元のボディライン取り戻しましょう!

荒木鍼灸整骨院へのアクセス
ページ上部へ

荒木鍼灸整骨院